チンタイム

イラストレーター丸本チンタのつぶやきブログ

FxFactoryで購入したプラグインが使えなくなった時の対処法

f:id:chintime:20210524011532j:plain

先日このブログでお知らせしました通り、近日中にYouTubeに実験的なイラスト動画をアップするべく動画編集を頑張っていたわけですが、そんな矢先に、動画編集に使っていたFinal Cut Pro用に購入したFxFactoryのプラグインが突然すべて使えなくなってしまい焦りました。

 

上のような警告アイコンや、下のようなアイコンが出現。

f:id:chintime:20210524012012j:plain

ざっくり言うと、〝プラグインのエフェクトやタイトル使えませんよ〟って意味のアイコンらしいです。

 

プラグインが反応しませんというような文字も出ていたような気がします。

 

ネットで原因や対処法を探したものの、それらでは改善せず途方にくれました。

 

ソフトやプラグインなどが最新のバージョンであるかの確認や、再インストールなどすべてやりました。

 

思い当たることと言えば、最近MacのOSを最新なものにしたことぐらい…

 

それが原因だったとしたら、どうしたもんかな…と考えつつ、諦めずに対処法を探しましたら、下のようなページを発見しました!

 

Apple シリコン搭載 Mac の Final Cut Pro と他社製のビデオプラグインとの互換性について

support.apple.com

〝Apple シリコンを搭載したMac上のFinal Cut Proで他社製のビデオプラグインを使うには、それらのプラグインを FxPlug4 にアップデートしてくれ〟というようなことが書かれていました。

 

僕のパソコンはAppleシリコン搭載じゃありませんけど、そういえば最近のOSのアップデートってAppleシリコンに関するものだったような…ということを思い出し、他に方法もありませんし、指示通りリンクをたどってFxFactoryをアップデートしました。

 

そしたら無事プラグイン使えるようになりました!

 

よかったぁ。

 

FxFactory自体のバージョンも事前に最新であることをチェックしてたんですけどね。

 

上の記事のリンク先のバージョン情報を見ると少し違ってました。

 

Appleシリコン搭載のMacじゃなくても、この方法で改善するかもしれませんので、もし同じ症状でお困りの方がいたら、自己責任でアップデートをお試しください👍

 

ちなみに先日言っていた体調の方ですが、肛門の方はよくなりました。

 

指の痺れはまだ残っています💧

 

■□■□■□■□■□

・自己紹介

・Twitter

・Facebook

・インスタ